上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.10.29 三回忌
     先日、母の三回忌をすませた
     菩提寺の副住職が、
     読経の終えた後に必ずひとつの話をしてくれる
     今回はこんな本を読んでくれた

         「さびしくなったら」 

          さびしくなった時
          戸の隙間から
          入る陽射しを
          手にすくって
          何度も顔に
          あててみるの
          そのぬくもりは
          母のぬくもり
          おっかさん
          がんばるからね
          呟きながら
          私は立ちあがる

     ーーーー柴田トヨさんの「くじけないで」よりーーーー

  母親ってそのくらい支えなんだと言う事を説いてくれた

  寺の階段を下りながらの帰り道 兄たちと父の背中とを見て
  ささやかな三回忌だったけれど
  ひっそりとすませる供養もとっても良いものだと思いました
  

       
1

   某記念館に咲いてくれているホトトギス
6

10

3  5  4

7

8

2

9


スポンサーサイト

           
           友はもう一人の私
                    
     
       今日、久方ぶりに大切な友に会いました
       何か特別な事を話した訳でもなく
       他愛のない話をして・・・・・じゃあねって、
       それだけで、力が涌いてくるって凄いことだと思いました

       しばし自分の中で止まっていた時間が動き
       水を得た花が枯れずに咲き出した
       そんな気がする一時でした       
   
       友って感謝・・・・・ですね!
       
2

3

1

4

5

6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。