上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     数年前、銅製のアラジンの珈琲サーバーが手に入りました
     大事に大事に使い込んで
     だんだん味わいある色になって来ている
     思い出のある大切なサーバー、
     そんなものがひとつあるってほんの少し贅沢かも知れない
     
     
庭に咲いてくれた イトバハルシャギク 《 花言葉 : 夏の思い出 》
1214

1212

  1208   1209  1210

1213

1215




スポンサーサイト

            
            もう少し、もう少し頑張ろうとしている時が
            一番しあわせな時

 

    思わず踏んでしまいそうな小さな花・・・・でも一生懸命咲いているのを見ていると
    野の花の強さを思います

    ニワゼキショウ 《 花言葉 : 繁栄 》
1196

1195

1160

1159

1158

1207
2010.06.27 蛍飛ぶ水辺

        一昨日、山田の蛍を見に行って来ました
        水辺を明滅しながら飛ぶ蛍の光を
        見つけては嬉しくて・・・・・・
        土地の方が捕っては手のひらにのせてくれて        
        喜んでいるのは孫ではなくて私たち・・・・でした。
        

1156

1163

   いつもなら踏んでしまいそうな草も、雨に濡れて、
   レンズを向けてみると面白かったです


1162

1161

         オダマキ 《 花言葉 : 勝利への誓い 》 
1133

        ピンクのオダマキを友からいただいた
        オダマキっていいね・・・・と言った一言を覚えてくれていて、
        だまって根っこごと掘って届けてくれた
        そのオダマキが小さな我が家の庭で元気に咲いた
        来年はきっともっとたくさんに増えてくれる、
        言葉のいらない温もりでした。


1157

1132
     

          
          できないことを悔やむより
          何ができるかを考えよう
 
  今年は空梅雨なのでしょうか
  日差しが照りつける分だけ草が元気に頑張ってくれちゃいます。
  麦わら帽子をかぶって僅かに楽しむ畑の草取りに精を出しながら
  某寺の僧侶が一心に草を剥く・・・・の様を詠んだ歌が頭を過ぎりました。
  良い汗?をかいた後の麦茶が美味しかったです。
 
  今年は例年よりも麦わら帽子の製造が追いつかないとのこと
  夏の似合う帽子ですね。

   エゴの花 《 花言葉 : 誠実 》
1174

1175  1171   1172

1173



2010.06.21 野の花

   地球にはどれほどの数の花があるのだろう
   野の花のひとつひとつにも同じ形をしたものはなく
   花びらのひとつひとつを見ては
   「何故こんな形になったのだろう・・・・・」と感心するするばかり。
   太陽の恵みをいっぱいに浴びた花たちは
   どれだけ癒してくれていることか。
      
      

   ジシバリ  《 花言葉 : 高貴 》
1176

1181

1177

1178

1179

1180
2010.06.18 野の花
   
     野の花もいいですね
     ハルジオン
     畦道のどこででも見かける花だけれど
     青空の良く似合う花だと思います 

     ハルジオン《花言葉:思い出の中の愛》
1167

1166

1168

1164

1165

2010.06.16 和菓子の日
   1162年も大昔の6月16日、
   疫病退散を願って16個のお菓子を神に供えたことに因んで
   和菓子の日となったとのこと
   その昔はどんなお菓子だったのかなあ・・・・・


   オダマキ 花言葉 : 勝利の誓い
1150

1148

1149

2010.06.14 はやぶさ
        限界を超え、幾度も絶望視されながらも、
        7年ぶりに帰還した人工衛星
        38万キロもの彼方の月ですら遠い遠い世界なのに、
        60億キロという想像もつかない旅から帰って来た。
        燃え尽きながら消えていく光を映すTVを見ながら
        感動をもらいました。   


   イチリンソウ 花言葉 : 追憶
1136

1135


1137

1138
2010.06.10 エール 134
            
            贅沢は敵と言われるときほど 
            素敵な贅沢を工夫しよう

   朝洗濯物を干していたら
   友がクッキーのおすそ分けを届けてくれた
   今日の10時のティータイムに・・・・・と
   珈琲に添えて美味しいクッキーを頬ばる
   何が美味しいかって、
   手のひらに乗るくらいの僅かなおやつでも
   届けてくれると言う、その気持ちが
   とっても美味しかったです。 

   気持ちの通う小さな贅沢・・・・・・・

 朝日に光るフタリシズカ 花言葉 : いつまでも一緒に
1152

1130


1155

1153
2010.06.07 エール 133
     
     花は無心にして蝶を招き
     蝶は無心にして花を訪ねる
                     ー 良寛より ー

     イラク北東部のザクロス山脈の中で発見された、
     人類最古の埋葬の跡(シャルダーニ)には
     花の花粉の化石がたーーくさん発見されたとのこと
     葬った人たちには、そこに眠る人に特別の思いがあったよう。
     ノコギリソウ、キンポウゲ、ヤグルマソウ、ムスカリ、タチアオイ、アザミ、
     花たちは、今も昔も人々を優しくしてくれる力があるような気がする。 


  ユキノシタ《 花言葉 : 深い愛情 》
1151
   

1139

1141

1140

1142

1143

2010.06.05 国会図書館
     今から52年前の6月5日
     日本で初めて国会図書館が会館したとのこと
     
     先日自分の住む街の図書館に某本を探しに行きました、
     が残念ながら目的の本は置いてないとのこと、
     でも他の図書館からちゃんと探して下さって転借することが出来ました
     親切に感謝・・・・・でした。     


 庭に咲いてくれたミヤコワスレ 《 花言葉 : しばしの憩い 》
1144

1145

1147
2010.06.01 清水寺
      清水寺に中島潔の襖絵が奉納されたとのこと
      金子みすずの詩に強く影響を受けた
      鰯の大群が夜空に舞い昇る絵は作家の5年もの歳月の集大成
      京都を訪ねたくなりました。


アズーロコンパクトの蕾 《 花言葉 : 譲る心 》
1107

  トマトの花
1106

1105
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。