上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.08 エール 161
            
            たった五文字のありがとう
            ありがとうの言葉には
            人 それぞれの想いがあり 
            人 それぞれの優しくなれる時間がある

  
         
6

     庭の隅に ほんの少しイチリンソウが咲いてくれました
     ほんの10センチほどの丈なのに 
     太陽に向かって一生懸命咲いてくれているのをを見ているだけで
     嬉しくなります
 

5

7

1

2

3

4
スポンサーサイト
2010.12.09 白沢宿
     宇都宮からの帰り道、白沢宿をまわり道してみました
     いつかこの道をテクテク歩いてみたいと思いながら
     本陣を写真に収めてきました。
     夕日が雲間から見え隠れしているのを見ながら、
     冬到来かなあ・・・と思いました。


1

4  6  7

2  3  5




2010.11.09 白河街道 2

1311
      聯芳寺(れんほうじ)の参道の柿が美味しそう!!


1312

1313
     白河街道と奥州街道の交差する所は戊辰戦争の激戦地で
     街道沿い西側の小高い所に仙台藩戦死者の墓碑があった


1315

1316
      女石自治会館前に旧道を偲ばせる道が残っていた


1317
      奥州街道と交わる


1319
      熱心に石仏調査記録!!


1320

   大谷地集落で、干し柿用に渋柿を収穫していたご夫妻が如才なく話しかけてくれた

1321

1322

1323

      二枚橋は旧道の原型がはっきり残っていた

1324

1325

1326

1327

1328

1329

1330

1331

1332

1333

1334

1335

1337

1338

1339

1340

1341

右進行ですが、好奇心旺盛に何かあるかなあ・・・とちょっと覗きに!!

1342

1343

1344
 
      新しくなった湯沢橋のすぐ下流に旧橋がある

1345

1346

      上小屋宿には各々屋号が残っていた

1347

1348

1349

    お疲れさまでした。 24000余歩、今日も頑張りました(ピース)


2010.11.08 白河街道
   11月6日 快晴 (白河~上小屋を歩く)
   
   夢だった白河街道を歩きました
   小峰城が朝日に光って清々しく私たちを迎えてくれました

   小峰城って
   南北朝時代に結城親朝という人によって小峰ケ岡に築城されて
   小峰城と名づけられたのが始まり。

   後に豊臣秀吉の奥州仕置によって改易された後会津領となり、
   蒲生氏、上杉氏、そして再度蒲生氏の支配となり
   後に戊辰戦争で激しい攻防の舞台となって大半を消失、
   落城の悲劇となった城だった事を知りました。
   
   平成に入って復元された立派な城から上小屋に向かって出発しました。
      


1308

1309

1310

1314
   2006年11月4日
   面川~堤沢~御山~大町四つ角

   いよいよ大町四つ角へ・・・・の期待感で
   まだ日の明けきれない暗闇の自宅の玄関をそーっと閉めた記憶が
   今でも甦って来ます。
   やわらかな朝日のちらつくみしらずの柿団地をくぐりぬけ、
   斑日(はだちび)ってこんな日差しを言うのかなあ・・と思いました。
   善龍寺(?)の境内でSさんの愛子さんたちが会津に残る歌を歌ってくれた事が
   これで会津に入った・・・との嬉しさを増やしてくれました。
    芦名家のお墓に手を合わせ、大町四つ角の元標を目指して歩いたあの感動は
   きっといつまでも忘れることがないと思います。
   旅人が長旅の思いを込めて撫でた丸くなった元標の石柱、
   温かく迎えてくれた書家の加藤先生との思わぬ出会い、
   数え切れない道中の思い出がこれからも記憶に留まると思います   

   事故のないよう細心の配慮をして下さった方々がいて
   会津の旅が出来たことを深く感謝いたします


   2009を楽しませてくれた花たち11 7枚
   
   2006年9月17日 
   小塩~香塩~南原~雨屋~石村~面川

   会津の旅が初めての自分はただひたすらに後ろから就いて行きました
   それでもとっても嬉しくて・・・・
   宮内の金峯神社にお参りして、
   Sさんの尊敬してらっしゃる先生からの差入れのリポビタンがとっても美味しかったです
   戊辰戦争で命を落とした若き志士の墓にも手を合わせ
   あとは鶴ケ城まで一本道・・・・と真っ直ぐに走る宮内のY字路から
   遥か会津の街を眺めたときの感動は大きな財産になりました。
   みんなの声があるから就いて来られた、そこに尽きるような気がします。      


   2009を楽しませてくれた花たち10 9枚
   
   会津中街道 2006年6月25日
   田代~ちょっぽり~桑原~舟子~舟子峠~小塩

   会津では峠のことをちょっぽりと呼んでいるとのこと
   そこに住む人々が語り継いでいるいい響きを知りました
   大川ダムの底に沈んだ桑原の村落の道を見たとき・・・・思い深かったです。
   橋で貴重な大地図を広げ、みんなで語り合ったのが懐かしく思います。

   2009を楽しませてくれた花たち9 7枚
   
     2006年5月14日 
     沢入り~水門~塔のへつり~阿久戸~白岩~田代
   
     塔のへつりの水がとっても青かったです。
     川向こうの岩にひっそり祭られた石仏に手を合わせて来た事を
     今でも思い出します
     昼食を摂った土手の隅に、ニリン草が咲いていたことが懐かしいです。
     会津を身近に思い始めた一日でもありました。

     2009を楽しませてくれた花たち7 12枚
     
       2005年11月13日 観音沼~杉ノ沢~松川~沢入

       観音沼から杉ノ沢は、木漏れ日の降る心地の良い街道でした。
       今も残る茶屋跡の水汲み場を見たとき、
       その昔、行き交う旅人はこの場所で疲れを癒したのだろうか・・・・・と
       馳せた記憶があります。
       みんなの背を後押ししてくれるかのように降る日差しの中で
       写した写真が宝物になりました。


         2009を楽しませてくれた花たち5 14枚
     
     2005年10月16日 湯川~三斗小屋宿~大峠越え~野際~観音沼
     
     三斗小屋宿跡で出会った白髪のお爺さんの顔が今でもしっかり脳裏に甦って来ます
     山登りに慣れていない自分でも、大峠に立てた時の思いは言葉に出来ませんでした。
     ガスが出て見通しは良くなかったけれど、万感の想いで涙が出たのは自然がくれた力・・・??
     足取り軽く野際に下りたとき、朽ちた藁葺き屋根の土間から
     夕餉の支度の煙が立ちのぼっていた思い出は今でも忘れられません。
     感動満載の大峠越えでした。


        2009を楽しませてくれた花たち4 10枚
     

     
     
       2005年9月19日
       会津中街道 沼原~麦飯坂~湯川~麦飯坂~沼原~板室本村

       麦飯坂の急坂はとっても大変でした
       帰りの事も考えずトントン降りてしまいました
       そして帰りの登りで一番最初に根を吐いてしまいました。
       皆さんの健脚に脱帽したことを覚えています。
       でも沼原からテンカラを目指して下る途中、
       とても澄んだ川に出会い、口に含んだ水が美味しかったことと、
       木立の木漏れ日を堪能させてもらえた事が良い思い出になりました。
       湯川でご馳走になったMさんの焚いてくれたコーヒー、
       テンカラで囲炉裏を囲んで楽しんだ夕ご飯、
       大峠を目指して頑張れる・・・・と思い、良い仲間に出会えたと思ったことを
       懐かしく思います。



        2009を楽しませてくれた花たち3 10枚
       
   2005年6月19日
  会津中街道高林一里塚~板室本村手前
  

  梅雨入りした空は、私たちを応援してくれてるかのように晴れてくれましたね。
  蛇尾川で一休みしながら、遥か大峠を見上げて思いを馳せた事が昨日のようです。
  百村で昼食をとらせてくれたTさんの別荘・・・・一時のオアシスでした。
  Aさんの差し入れの赤い果肉のグレープフルーツが
  シャーベットのようにシャリ感があってとっても美味しかったです。
  会津戦争の激戦地だった板室で、落合・・・・の果てた場所を
  執念で見つけたKさんの嬉しそうな顔、
  この日も一日、疲れを飛ばしてくれるような充実でした。


 2009を楽しませてくれた花たち2 10枚
  

      今年もたくさんの花たちに出会えました。
      大地の自然の恵みの中で
      生きるというより
      生かされていることを教えてくれる
      そんな花たちを会津中街道の思い出を綴りながら
      アルバムにしてみました。
      

  会津中街道 野崎駅~石上~横林~高林一里塚 2004年11月21日
  
  初めての参加に不安がいっぱいでした。
  宇都宮第九の稽古に行っていた折
  街道歩きに参加してみないか・・・・と言っていただいたのがきっかけ。
  会津街道には無知だったけれど、健康のために歩いてみようかな・・・と思いました。
  石上の問屋を務めた小野崎家の高札、道標、各々の石仏を確認しながらの
  街道に思いを寄せる皆さんにカルチャーショックだった事を強く記憶しています。
  道中休憩を取ったI家の皆さんが歓待してくれて、ご馳走になった「けんちんうどん」
  とっても美味しかったです。

2009 花たち1 11枚
       会津中街道倶楽部の皆さま
       今日は大変お世話になりました
       最高の街道日和に恵まれ
       踏破に相応しい一日になりましたね。
       鬼怒川の土手から仰ぐ高原山がとっても眩しくて
       想い深いものがありました
       5年2ケ月の歳月を温めて来た仲間の和
       帰って来たよ・・・・・って
       それぞれが胸につぶやいたのでは・・・・と思いました!!
       

  霜が解けて畑が眩しかったです
982


  露が朝日に光って、思わずカメラを向けてしまいました
981

978

979

986

977


983

985

987

  ハクセキさんの新居から見た夕日、 一幅の絵を見ているようでした
989
2009.11.24 会津街道

  会津街道、境林~氏家間を歩いて来ました
  かしましく行きかう車道の隣りに、今尚鎮魂と眠る街道を歩いていると
  いつも見ている風景が違って見えました。
  不思議なものですね・・・・!!

  雲間に見えた夕日がとっても綺麗で
  お疲れさまって褒美をくれたような気がしました。
  


  アッ、 会津街道の杭がない・・・・・・!!
964

965

968

969

966

967

972

971

973

974

2009.10.27 中街道

    太陽の力って凄いと思います
    朝のまぶしい光を浴びると、
    今日一日何をしようかって希望をくれて、
    一番空高く上ったときの真昼の光は
    頑張れ頑張れって勇気をくれて、
    そして夕暮れの光は一日ご苦労さまって
    慰めてくれているような・・・・

    で今日はまぶしい光にじっとしていられなくて
    山田から境林の中街道を確認して来ました
    今度歩こうと思います



959

957

958

960

961

962

963
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。